kkkkkkdd のすべての投稿

名古屋市の新築で酒を飲む(1)

「酒は飲んでも飲まれるな」
「酒は百薬の長」
お酒に関する格言はたくさんありますよね。
名古屋市で新築を建てた皆様もお酒について一言ある方が多いのではないでしょうか。
社会人として生きてく上では切っても切れない関係にあるのがお酒です。
このお酒を積極的に飲まないようにする、「禁酒の日」なる記念日が1月16日です。
今回は「禁酒の日」について由来と歴史、禁酒に関するマメ知識をお伝えします。

◆禁酒の日の由来と歴史
禁酒の日が1月16日に定められているのは、アメリカのある法律が関係しています。
それが、有名な「禁酒法」です。
これはどういうものかといいますと、「お酒の飲みすぎは体にもよくないし、道徳的にもよろしくない」「お酒を造らなければ仕事中飲まないから労働に対する意欲が上がるし、お酒をつくる分の穀物の節約にもなる」「なのでお酒の製造販売を禁止しよう!」
という内容の法律です。
名古屋市で新築を建てた人には、今では考えられない内容ですが、1920年当時は、アメリカ国民の圧倒的支持を得て成立してしまいました。
もともとアメリカはプロテスタントというキリスト教でも特にお酒について厳しい勢力が強かったため、このような法律が通ってしまったのです。
禁酒法が実施されたのが1920年の1月16日。
これにちなんで1月16日は禁酒の日となっています。
ちなみに、禁酒法がこの後どうなったのかというと・・・
法律的に「製造と販売」は規制していましたが
「飲酒そのもの」は規制していなかったので非合法な酒場が乱立しました。
ギャングがお酒の製造販売に乗り出し、 巨万の富を得ます。
また、素人が作った密造酒が横行して事故が多発し、死亡事件になるケースもありました。
当初想定していたのとはまったく逆の結果になってしまい、1933年12月5日に法律が廃止されました。
このあまりにも現実を無視して理想のみで作られてしまった法律を皮肉って
「高貴な実験(The Noble Experiment)」(13年10ヶ月19日7時間32分30秒間)
などともいわれています。
名古屋市で新築を建てた人に限らず、お酒の飲みすぎはよくないですが、それを法律で強制するのはもっと良くなかったということですね。

オール電化が羨ましい!

岐阜県各務原市にある私の実家は私が家を出て行ってから建てているのですが、オール電化にしているのです。私はもちろんガスと電気の両方を使用していますが、あまりメリットを感じることが出来ません。というのも、各務原市の家でガスを使うことがあるのは正直お風呂と料理以外にありません。なのに、やたらと高い料金を支払っています。特に冬場はその額が尋常ではありません。むしろ電気よりも使用量も使用回数も少ないはずなのに電気料金を上回っていることが我慢できないのです。世の中電気の自由化といって騒いでいますが、私はガスの方を寧ろ改善してほしいと願っています。ガスで良かったと思えるのはチャーハンを炒めた時ぐらいなのですから。特に集合住宅の場合には事実上の独占契約と言っても過言ではありません。それならオール電化にして、ガスの無駄な基本料金も支払いたくありません。そんな各務原市の建築会社で建てたオール電化の家に住むのが私の現在の夢です。そして私も余った電気を電力会社に買い取ってもらいたいです。

太陽光発電は本当に家庭にとってお得なのでしょうか

最近流行りの設備の中でも、その一番と言ってもいいものの一つに、太陽光発電があるかと思います。岩倉市のどこの展示場を行っても、各メーカーさんの説明の中には、これまで通りの、部屋のデザイン、室、大きさ、価格などの話があると共に、必ずといっていいほど太陽光発電のことも、説明の中に盛り込まれることが多いからです。そのせいか、岩倉市の工務店で建てた家の人は各家庭で太陽光発電をし、それを売ることで家計の足しにしている家庭も多いかと思います。しかし、ここは注意が必要だと感じています。なぜなら、結果的に太陽光発電することが家計的にマイナスになってしまう恐れがあるからです。太陽光発電って、始めるのに初期投資がえらい金額でかかると思うのです。で、各メーカーさんは、何年かでそれはペイできるので問題ありませんと必ず謳うのですが、これってよく考えたら、スマホでいう実質0円と何も変わらない気がするのです。初期投資して、月々電気を売ってその負債を完済する。で、完遂したときには太陽光発電の機器自体が老朽化していて、またメンテナンス費用がかかる、なんてことにならないか心配なのです。岩倉市の工務店で家を建てるなら検討しておいた方がよいのかなと思います。

 

景観を損なわないためにも、照明器具は以外に大事

小牧市で注文住宅をと考えると、つい素敵な内装、部屋数が多い、部屋が大きい、設備が整っているなど、どうしても家の中の話が中心になってしまうのでは思っております。これはもちろん必然だと思います。なぜなら、住宅とは、人が住むために建てられるものだからです。その中でも、重要な項目の一つに照明器具があるかと思います。まず、どんなにオシャレなデザインにしたり、どんなに高価なものを置いても、部屋自体が薄暗かったりしたら、それも景観が台無しになってしまうからです。部屋の中をオシャレにするときは、大体壁紙をかえるとか、いい家具を買う、あとはレイアウトを変更するなんてのが中心だと思いますが、同じくらい照明器具は重要です。照明器具自体もオシャレなのを買うとよりいいのでは思います。例えば、友人で、小牧市で注文住宅でいわゆるデザイナー物件に住んでいた者がいて、内装はもちろんきれいで、家具とかも気を使っているのですが、照明器具が、なんかこう光ればいいや的なものだったら、なんか景観が台無しになってしまいますよね。そうならないように、照明器具は重要だと思います。小牧市の工務店で注文住宅を建ててよかったと思います。

建売の一戸建て住宅を購入しました

最近、一宮市の建設会社で建売の一戸建て住宅を購入しました。決め手は窓からの光がいい具合に入ってくる暖かな感じと、静かな環境でした。やはり人間も他の生き物と同じように適度に光を浴びることは心身ともに健康でいるための重要な要素の一つです。住宅ローンの手続きは慣れない作業の連続でした。不動産会社の担当者の方と銀行とのやり取りはなかなか手間取りましたがそれも窓からの暖かい光を考えると楽しい作業でした。まるで大事なものを手に入れる前のちょっとした儀式のようなものと言っていいでしょう。子供たちも楽しみが日に日に増すようで時々私も一人でその家を見に行くことがあるほどでした。おそらく人は一生に一回の大きな買い物をする際には色々と迷うものだと思います。私もいろんな物件を見て迷いました。しかし、愛知県一宮市の建設会社でその暖かな光のイメージと晴れ渡る空が上手く溶け合いました。そして快晴の日曜日にその物件を見たときになんとなくここだなあと実感。妻の喜ぶ顔や子供たちのはしゃぐ様ももちろんその決断を後押ししましたが。暖かな光と家族の笑顔が決めての家。これから住み続けることが出来ると思うと一層幸せな気持ちになれます。愛知県一宮市の建設会社で注文住宅を建ててよかったと思います。

それぞれの間取り。

今度友人が転職を機に、岐阜県関市に引越しをするそうです。

住む家は、その会社の寮だそうですが

その寮はファミリー向けの部屋しかないそうで、3LDKもあるそうです。

会社の寮なので、家賃はとても低いそうですが

「たった一人で住むには広いなあ」と言っていて

今夫婦二人で2Kに住んでいる私としては、羨ましい限りです。

一人暮らしの間取りといえば、1Kや1LDKで充分ですよね。

私も昔一人暮らししていたことがあるのですが、やっぱり1Kでした。

逆に部屋が多すぎると、物が増えてしまって引っ越すときに大変だし

そういう友人を何人も見てきました。

今は2人で2Kですが、欲を言うとできればもう1部屋あると助かります。

というのも、2部屋のうち1部屋がとてつもなく寒いんです。

寝室として使えないので、リビングとして使ってる部屋が

寝室になってしまっている状況です。

なので、自動的に生活導線上

その部屋に家財が集中してしまっている感じです。

今度引っ越すチャンスがあれば、せめて岐阜県関市で3LDK以上の間取り

引越したいなあと思っています。

市営住宅について

●入居資格

市営住宅に入居できる方

1.同居する親族がいる
(ただし、上記「市営住宅の概要」において単身者可の記載がある住宅は、単身者でも入居可能です。)

2.現に住宅に困窮していることが明らかなこと

3.収入基準額が月額(未定)円以下であること
(多々尾改良住宅にあっては(未定)円以下)

4.市税等を滞納していないこと

平成19年6月1日付で国土交通省より公営住宅における暴力団排除について通知があり、その基本方針に従い、能代市では暴力団員の市営住宅への入居はできないよう、平成20年3月市議会定例会において、「小松市営住宅管理条例」の一部改正を行ないました。

また、この改正条例の実効性を担保するため、警察と緊密に連携することが不可欠であることから、必要な事項を定めた協定を締結しました。