景観を損なわないためにも、照明器具は以外に大事

住宅と考えると、つい素敵な内装、部屋数が多い、部屋が大きい、設備が整っているなど、どうしても家の中の話が中心になってしまうのでは思っております。これはもちろん必然だと思います。なぜなら、住宅とは、人が住むために建てられるものだからです。その中でも、重要な項目の一つに照明器具があるかと思います。まず、どんなにオシャレなデザインにしたり、どんなに高価なものを置いても、部屋自体が薄暗かったりしたら、それも景観が台無しになってしまうからです。部屋の中をオシャレにするときは、大体壁紙をかえるとか、いい家具を買う、あとはレイアウトを変更するなんてのが中心だと思いますが、同じくらい照明器具は重要です。照明器具自体もオシャレなのを買うとよりいいのでは思います。例えば、友人で、いわゆるデザイナー物件に住んでいた者がいて、内装はもちろんきれいで、家具とかも気を使っているのですが、照明器具が、なんかこう光ればいいや的なものだったら、なんか景観が台無しになってしまいますよね。そうならないように、照明器具は重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です